うたもち詩文庫

詩を書き溜める場所

No.299 彼と鼠

 

 

彼の全てを受け止める海は

波が無く静かな夜の漆黒であって欲しい

その水は生物に恵みを与えるが

あらゆる残酷な事象をも飲み込んでいる

 

 

 

大きな身体はちぐはぐで

いつでもバラバラになる準備をしている

ベッドの上で蠢かなければ

起き上がれもせずに一日が終わってゆく

 


起きたところでワインを買いに行き

グラスなど使うことも無くカラにする

瓶が積み重なる部屋の角に大きな鼠が居ると

そいつに話しかけることで孤独を紛らわす

 


「やぁ また来たのかね」

鼠はベッドの足をカリカリと噛んでいる

「やぁ それを食べたいのかね」

鼠は瓶の裏に空いた壁の穴を出てゆく

 


ワインが無くなったので酒屋に出かける

気が向いたので近くにあった酒場で安酒を頼む

店主は彼を良く知っていて それも心得ていて

潰れるがままになると店の奥のゴミ置きに寝かしてやる

 


そこに 家で会ったのとはまた別の鼠がいる

「やぁ また会いに来てくれたのかい」

寝ぼけ眼の彼がつぶやくと鼠は寄ってきて身体を擦り付ける

「やぁ やっぱり会いに来てくれたのかい」

 


彼は次の日 自宅のベッドの上で目覚める

ゴミ置きからどう帰ってきたか 当然覚えていない

しかし 身体を擦りつけてきた方の鼠は

数ヶ月前 彼に余った肉の骨を貰ったことを覚えている

 

 

 

彼の全てを受け止める空は

雲が無く静かな夜の漆黒であって欲しい

その光は遠く果てしない場所から

あらゆる悲惨な事物を見つめ続けている