うたもち現代詩

詩を書き連ねる場所

No.122 いつかの君

 

僕は君に手を引かれて

嘘みたいに晴れた小径を歩く

木の葉が太陽に照らされて

ゆらゆら揺れているから僕は眠くなる

 

君が教えてくれたアイスは美味しい

君が連れて行ってくれた場所は楽しい

だから僕は眠い目をこすって

君の手を握りしめて歩いて行く

 

僕よりも大きな君は女の子

僕よりも年上の女の子

二人でいると不思議な気持ちで

太陽に照らされて

 

君が目指す場所について

そこにある綺麗な川で泳いだ

メダカを手で掬ってすぐに水に戻して

君が笑うからそれを繰り返した

 

君は夕暮れになって

家に帰ろうとするから

僕は仮病を使って

君を引き止めてしまった

 

すっかり暗くなって星が出て

二人で河原に寝そべった

背中に当たる石たちが

少し痛くて少しくすぐったかった

 

いつの間にか朝になり

嘘みたいに晴れた河原で

君の手を繋いで

また僕らは歩き出す

 

そうして君は家に帰らずに

僕と一緒に居てくれた

嘘みたいに晴れたベッドで

眼が覚めるまで居てくれた