うたもち現代詩

詩を書き連ねる場所。

No.102 宙に浮かんで

 

酒に頼ることも出来ずに

自堕落を気取ることも出来ずに

ただただ寝れずに図に乗るばかり

だらだら汗だけ垂れている

 

矛盾は無限に広がってゆき

やがて覆い尽くす満天の星

夢見るだけ夢見た後は

夢見たことを恥じている

 

もっと単純におろそかに出来たなら

僕は君を真っ直ぐ見つめられるだろう

大切で痛切な気持ちも殲滅する

兵隊たちの口笛が頭の中で鳴る

 

僕は君に何を言えば良いだろう

僕は君に何を見せれば良いだろう

考えて考えて 矢継ぎ早に次の言葉

宙に浮かんで シャボン玉のように___

 

弾け飛んでしまったら

眠りについた君を覗いたら

頭の中まで見えてしまいそうで

僕が考えた君の考えを解いた

 

苦しい気持ち 宙に浮かんで

優しい心 宙に浮かんで

遣る瀬無い時間 宙に浮かんで

僕はただただ 宙に浮かんで____

 

やがて弾けて消えるまで