うたもち現代詩

詩を書き連ねる場所

No.144 無題

 

からからと 音を立てて

転がる空き缶 風が強く

少しだけ分厚い上着で

誰もいない山道を通る

 

このまま土に帰るまで

木の下で 眠っていたい

誰かへの思いだけ残り

空気の中に 溶け出して

 

  やがて昇って行くだろう

  寂しさも紛れゆくだろう

  僕のこの思いが 透明に飲まれて

  霞んでゆく 淡く儚く 掠れてゆく

 

空気の中でもがいても

誰にも聞こえやしない

遠くに住む優しかった

誰かへの言葉を囁いて

 

空を突き抜けてゆくと

星の海の中で泳いでは

誰かに見える星座へと

流れるまま身を任せる