うたもち現代詩

詩を書き連ねる場所

No.118 あなたの夢

 

夢を見ていた

それはそれはグロテスクな夢を

ただあなたはそこで微笑んでいて

わずらわしいことから全て解き放たれて

ウジに食われていた

 

それはきっとテレビ番組の影響で

カメラに切り抜かれた悲惨さを頭が覚えていたからだろう

だから目覚めた時にそれを悪夢とは思えなかった

 

夢は自分の記憶とケーブルで繋がっていて

そこから入力されているだけ

だからグロテスクなウジは存在しないし

もうあなたは此処にいない

 

失われた記憶が夢で蘇ることもあると聞いた

そういえばあなたのことを夢を見るまで

思い出すことも無かった

それはあなたにとってとても幸福なことだったけれど

もうあなたは夢に囚われてしまった

 

さよならをもう一度 しなければならないということ

私にとってはそれがとても不幸なことでもないけれど

あなたはもう私に弁解は出来ない

 

あなたをもう一度消し去る時

あなたはまた私に会いたいと思うだろうか

それとも消し去られたままで

何処かへ行ってしまいたいと思うだろうか

 

それはともかく

あなたはとても美しかった

グロテスクで

とても魅力的だった