うたもち現代詩

詩を書き連ねる場所

No.291 game over


銃を片手に乗り込むワゴン

素晴らしい陽気外れた予報

不規則な街に一発撃ち込む

そこから見えた彼らの母校

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


長すぎるロードを過ごし

彼らは遅すぎる春を待つ

未来に宛てた過去の手紙

届かなかった夢だけ並ぶ

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


コントローラーを 誰かに取られてしまった

選択肢は 沢山あるというのに決められない

俯く彼らのそばにあるものは 退屈な空気と

食い散らかした弁当の残骸と 割り箸だけだ

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


そして何発かが 撃ち込まれた後に

彼らは やっと諦められたのだろう

もう遅すぎる レベルは上がらない

セーブポイントも もう意味が無い

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


やり直してもやり直しても 同じ結末になる

不規則な街は 外れた予報の中で今日も建つ

HPは赤のままで 点滅を繰り返す瞳の奥で

やがて0になるまで 過ぎてゆく時を数えて

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


彼らは銃を構え続け 慎重にワゴンに乗り込む

反動で痺れる指で アイスのようなドアを開け

煙草臭い車内で 攻略法を得意げに話している

窓ガラスが散らばり無音になる その瞬間まで

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー