うたもち現代詩

詩を書き連ねる場所

No.204 お題「愛は、時として刃物だ。」

 

 

愛は、時として刃物だ。

真実は、いつも残酷なものだ。

分かり合えないと誓いも揺らいで、

寂しさに隠れたくなり、心を閉ざしたくなる。

 


そして考える。僕らは何を求めているのだろう、と。

明日の朝目覚めて、愛する者が隣にいると、

何故言い切れるだろう? 何故、言い切れないのだろう。

傷付け合うことを恐れるが故に、傷つけ合ってしまう。

 


愛は、時として魔物だ。

秘密は、いつも凄惨なものだ。

分かり合えないことが多過ぎて、

悲しさに浸りたくなり、二匹は擦り減らされる。

 


そして考える。僕らは何のためにいるのだろう、と。

明日の朝目覚めずに、愛する者が横たわり、

何故生き永らえてしまったのか!何故、一匹が残ってしまったのか!

そんな風に引き裂かれることもあり得るのに、何のために?

 


刃物を持った魔物が、二匹並んでいる。

僕らは手を繋ぎ、明日までのカウントダウンを始める。

愛は時として、真実も秘密も潰してしまうスクラップ工場だ。

その時だけは、一匹が二匹でいる意味がはっきりとする。