うたもち現代詩

詩を書き連ねる場所

No.172 ほんの短い家出

 

 

閉店したスーパーの前を横切る
駐車場に車は当然無い
目的を探して歩くけれど
あてもなく彷徨う羽目になりそうだ


(一人になりたい君は 寒そうな外に出かけた
その後を追うわけでも無く 僕は煙草を買った
夜空に吸い込まれてゆく煙が 何故か寂しそうだ
満天の星空を覆い尽くすほど 煙を打ち上げたくなった)


どうしようもない感情に流されて
どうしようもないことばかり数えて
君は何処かで何かをしているから
僕も何処かで何かをしているよ


告げるための言葉と
仕舞い込むための言葉を
量りに乗せたところで
重さが分かるわけでも無く


背負いこんだ過去が
僕らを責め立てているから
時には目を閉じて 耳を澄ませ
風の過ぎる音を聞いていよう


小さな部屋に帰って来た君は
凍えた声で少し呟いただけで
あとは黙って 俯いていた
僕も同じように 蛍光灯の下で置物になる


カメラで切り取った ほんの小さな物語が
夜の街を彩るのなら 君の姿を映したい
シャッター音を嫌うのなら 代わりに僕の瞳で
ほんの小さな物語を 綴るように 映したい

 

そんなことを思った 君の家出の後に

二人きりの日々の中 こんな日があっても良いと思える