うたもち現代詩

詩を書き連ねる場所

No.155

 

当てもないのに 何処へゆくの?

返事も無くて 孤独が響く

すれ違った事柄ばかりを考えて

今あるひと時を蔑ろにする

 

子供の頃は どんな風に過ごした?

大人になったら どんな風になりたかった?

そんな問いかけも 意味をなさなくて

今あるひと時だけが 重くのしかかる

 

それでも あの子の言った

言葉の煌めきと 揺らめく矛盾が

それでも あの人の言った

言葉の綻びと 揺るぎない真実が

 

私の瞼を開かせているから 見えている

私の唇を開かせているから 語っている

 

生まれ変われるとしたら何になろう

大空を飛ぶ鳥にでもなってやりたい

もし私が鳥になったら

雲に影を写して 一日中遊んでいる

 

全てやり直せるとしたら何をやろう

ギターを弾けるようになってやりたい

もし私がギターを弾けたら

雲に向かって 一日中鳴いている

 

当てもないのに 何処へ行くの?

その問いかけに 返事が出なくて

すれ違った人々ばかりを数えて

足踏みしたまま 空想に耽る

 

咲き誇れるなら 花になりたい

人知れない場所でひっそりと

触れ合えるのなら 猫になりたい

喉を鳴らして頰を擦り寄せて

 

悲しいことに 当然のように

今あるひと時が 全て本物で

せめて偽物ならと 時計を捨てても

長針と短針は 回り続けている

 

回り続けている そのことばかりを

ただそれだけを頼りに 鼓動が連なっている