うたもち現代詩

詩を書き連ねる場所

No.143 おろかもの

 

たくさんの頭で考えていた

たくさんの景色を思い出していた

少年と少女は 手を繋ぎながら

辿々しく ただただ 歩いていた

 

目まぐるしく流れた日々に

石を投げても自分に跳ね返って来て

硝子は割れることなく 少年と少女は

狭苦しい場所を歩いていた

 

言葉だけを並べても伝わらない

仕草だけを眺めても分かり合えない

二人は寄り添って そして離れた

枝についた葉がひらひらと落ちるように

 

悲しいことに 少年と少女は

別々の道を行かなければならない

それでも石を投げていた頃より

少しだけ広い場所を歩いている

 

「僕と君は変わらなければならない」

言い聞かせる歌は ただただ辿々しく

「いつかこの先で会えると良い」

別れの言葉を胸に 歩き続ける