うたもち現代詩

詩を書き連ねる場所

No.142 永い独り

 

夏が終わり 安堵している

日の光に目が焦げることもない

永遠の冬 雪のない田舎で

僕はただじっとしていたい

 

冷たい外気に触れぬように

毛布にくるまって数を数えて

誰に咎められることなく

朝と夜を交わしていきたい

 

そして訪ねる人があれば

数十個ある鍵を開けて

「すこしキュウクツになったなぁ」と

狭い部屋の中で語り合いたい

 

世間から切り離されて

何もない部屋の中で

愛が生まれるなら そのままにして

夢を見るならば 毛布を分け与え

 

そんな毎日を

ただ過ごしていたい