うたもち現代詩

詩を書き連ねる場所

No.131 お似合いの二人

 

何をするにも覚束ない男と
何をするにもそつなくこなす女
二人は出会ってたちまち恋に落ちて
落ちた理由も分からぬまま真っ逆さまに

 

派手に着飾って飲み歩いた街並みに
小鳥が飛んでカラスが鳴いて二人きり
覚束ない足取りとそつなく動く頭で
計算してみれば明日はきっと夢心地

 

何気なく言った一言で窮屈になり
男は女を振り払うために必死
何気なく蘇った考えで幸福になり
女は男にしがみつくために必死

 

何をするにも冴えない男と
何をするにも要領が良い女
二人は出会ってたちまち愛に溺れて
溺れた理由も分からぬままに真っしぐらに

 

派手に飲み歩いた後に着く男の部屋に
置き忘れていた女のピアスと二人きり
覚束ない思考とそつなく動く身体ごと
計算高い女は明日はきっと夢の中

 

何気なく言った一言でその気になり
男は女を引き止めるために必死
何気なく裏切られた気分で不幸になり
女は男を見捨てるために必死

 

そんな毎日を繰り返す 怠慢な自由に
待ち構える未来は真っ暗な二人きり
美しく燃える朝日か夕日かも分からぬ太陽が
二人きりの部屋に差し込んでいる