うたもち現代詩

詩を書き連ねる場所。

No.103 陰干し

 

疑問符ばかりが張り付いて

君の顔は強張っている

跡形もなく消し去りたい

その疑問符を剥がしたい

 

やけに思い出が重なるから

ミルフィーユのようにフォークで切って

その切り口の見事さを笑って

君と平らげてしまいたい

 

君に出来ることを数えて

僕が出来ないことを数えて

数え終わらないうちに飽き飽きして

部屋に閉じこもっている二人がいて

 

物干し竿から顔を覗かせる

ぬいぐるみが親しげに問いかける

「笑った顔はどこへ行ったの?」

畳んでしまった洗濯物の中

 

ハンガーに袖を通した衣類

まだ畳まれていない新しい思い

君が笑った顔のデザインを

今は暗がりで探している