うたもち現代詩

詩を書き連ねる場所。

No.95 幻想(街灯の夏仕様)

 

夏に揺れてるそびえるビルを
遠く見つめてるこの瞳の奥で
移ろいゆく時間だけが
音を立てて刻まれている

声を潜めて気付かれぬように
ひっそり一人捕まらぬように
誰に祈る訳でもないのに
誰に救われることもないのに

気が付けば夢見た景色
夢見た人々 忘れたはずの思い出たち
気を許した途端に
引き込まれていた
あるはずの無い幻想に

夏に行き交う人々の中に
紛れ込めたら深く沈めるのに
冷えた部屋の時計の針が
音を立てることなくクルッと回った

声がもう届かない場所で
遠く遠く離れてる場所で
誰が待ってる訳でもないのに
誰を覚えてる訳でもないのに

気が付けば涙も枯れて
傷跡も治り過ぎ去ったはずの苦しみを
思い出してしまったら
巻き込まれている
幻想が過去を照らし
幻想を一人歩く