うたもち現代詩

詩を書き連ねる場所。

No.94 彼の泉

 

ふいに美しい声がした

彼はその声の元に歩いた

ふとしたことを思い出した

その日は日曜で空は曇っていた

 

ガラスに亀裂が走り

「ふとしたこと」以外は忘れ去り

そのガラスの中に入っていた水も

飼っていた魚も何処かに溢れた

 

美しい声はやはり消えた

彼にはわかりきっていたことだった

そして彼はまた歩き出した

まるで目的地があるかのように

 

澄んだ泉を見つけた

その水を飲むと彼は泣いた

味はしなかった 何も無かった

星の光を反射して輝く泉に顔を浸した

 

すると彼は美しい声を聞いた

まるで囁くように まるでなだめるように

まるであやすように まるで実在するように…

彼は泉の中で呼吸を忘れた

 

それからというもの

彼は何処へも歩かなくなった

そして泉は濁ってゆき

彼と共に腐り果てていった