うたもち現代詩

詩を書き連ねる場所

No.90 ハキダメ処/2

落書きで 赤のクレヨン 使い切り 黒く濁った 血を描き出して/

深爪の 痛みで目覚め また眠る 繰り返しても 朝は遠のく/

蝉の声 五月の晴れに 鳴りだして こびり付いたら 朝にうつむく/

「忘れない」 この痛みにも 意味がある そう信じても 何にもならず/

脳内に 無数のヒビが 入っても 見た目変わらず 思想改装/

夜更かしで 瞳張り付く コンタクト 剥がれないまま 何年か経つ/

ピストルに 似せて作った 万華鏡 一人殺せば 散らばる破片/

額縁に 入れた少女の 見る夢は 御伽噺を 黒く染めゆく/

乗車券 無くしたままで 汽車に乗る 狸寝入りで 往復旅行/

青インク 滲み出た海 鮮やかに 腹を浮かべた 小魚の群れ/

何事も 抜かり無くとは いかなくて 今日拗らせ 貧しく暮らす/

自転車に 爆弾詰めて ペダル漕ぐ 夢にまで見た 都会の中で/

灰皿に 錆びた模様が 似合わない いっそこの血で 彩ってしまえ/

老人が 座って眠る ベンチには ハゲタカに似た 烏が集る/

雨が降る 街路樹濡らす 雨が降る 緑は黙り 俯いている/

空気にも 調子の悪い 時がある 今朝方だけで 数人死んだ/

夜空には 青一つなく 昼を待つ 来るはずだった 青空を待つ/

故障中 エレベーターの 扉開く 見えない細部 湧き出す恐怖/

話しても 無駄になるのは 老婦人 目的地には 辿り着けない/

羽のある 魚に乗って 雲の上 ひれある鳥で 海底探査/

目を閉じた 耳を塞いだ 口閉じた 鼻もつまんで 脳内会議/

怒りさえ 消えて失せたら 常夜灯 独り言には 拍車がかかる/

CDを PCに入れ 再生し 誰も聞かない 歌を覚える/

寂しさに 押しつぶされて ペラペラの 紙になったら 布団に潜る/

何もない 一日ならば過ぎるだけ 何かあっても ただ過ぎるだけ/

憂鬱は 打ち倒せても 蘇る エンカウントは 無限に続く/

学校に 忘れた鞄 取りに行く 誰も来てない 日曜の朝/

制服の 中に私服を 着て行って 帰り道には ゲームセンター/

暗がりで 照らされた顔 気味悪い 怖くなったら 帰りの支度/

千円を 崩した名残 小銭だけ 自販機見つけ コーヒーを買う/

ただいまも 言う気になれず 横になる 母が夕食 支度する音/

何もせず 家に籠もれば 憂鬱で 手首掻いたら ミミズが走る/

赤ペンを ミミズに沿って当ててゆく 何故か心地が 良くなる不思議/

夕食の 席でミミズが 暴れ出す 三日続いた カレーの仕業/