読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うたもち現代詩

詩を書き連ねる場所。

自動記述日記2(何年か前に書いたもの)

 

 

先生が僕を見ている。授業が始まったらしい。数学はあまり好きじゃないけれど暇潰しにはちょうど良い。ノートに数字を沢山書いていると自分の中の世界に潜り込んで行ける。
7と8の間に人間の足を見つけた。×と÷に神秘的な魅力を感じた。5と6の間に人間の腕を見つけた。+と-に平凡な生活を感じた。3と4の間に機械の胴体を見つけ1と2の間に機械の脳を見つけた。
それを混ぜこぜにすると色々な形が出来た。人間と機械が混じり合うと不思議なフォルムが出来上がった。
その遊びを先生は理解出来ないらしい。ちらちら僕を見ては首を傾げている。先生の授業はいつも静かだ。生徒たちは退屈で眠っている。

2Dに僕の鉛筆が炭を残す度に頭の中が刺激される。数字や絵が直接脳に響く。それは立体となって視界に現れる。動いているxとyが落書きのペンギンを追いかけている。
僕の脳にコードを繋いでテレビに接続してみたい。思考の全てが僕の理解出来るものではないと思うからだ。宇宙を旅するような感覚だろうか。大画面のテレビを用意しなくてはならない。
電気屋で流れる頭に残って仕方がない曲が「テレビ」からの連想で流れ始めた。これが流れると僕は気持ちが悪くなる。この曲はきっと僕を駄目にするものなのだ。現実逃避をしなければならない。
エレクトロが響き始めた。良い感じだ。さっきのCMソングは彼方に消えた。あの宇宙人が教えてくれたヘンテコだけれど恰好良いエレクトロは中毒性があるらしい。たまに洗脳されているのではないかと思うくらいだ。

授業を忘れて僕はSFを展開してゆく。

 

 

000084=38+〆63]25$4

 

 

僕はその星をダビデ星と名付けた。
この星の人々は全員ダビデ像の形をしている。僕は自分の形がデビッドボウイなら良いのに。と思った。
僕の「地球で最も宇宙人に近い男」ランキングの1位を独占しているデビッドボウイだ。頭の中でチェンジスが流れた。

宇宙飛行士は皆の憧れだと思う。
けれど宇宙旅行はそれほど夢があるものではない。小さな船に乗って機械任せでたらたらと目的地まで漂うだけだ。
漂うというのも最短距離でスパッと向かってくれずにグラグラと方向転換をしながら旅をするからだ。そしてタビデ星人のダビデ顔を見ていると10日で嫌気が差す。しかも見分け方が名札というのも腹立たしい。ワッペンにボブやらサムやら書かれている。
たまにヨシコやミツコなどを見ると親近感が湧いたけれど女性なら女性の型にプレスすれば良いのにと思った。サモトラケのニケやミロのヴィーナスだと人体欠損グロになってしまいそうだけれど。

ダビデ星に着いたのは14日後だった。
2週間はかなりの長旅だ。これから先待ち受けることに期待と不安を感じながらも空港(らしき場所)に降り立った。かなり大きな施設で宇宙船が何千も並んでいる。ちょうどCDラックのように縦横にズラリと並んでいるのだ。その光景はかなり衝撃的だった。
空中に浮かんだエスカレーターで乗り降りをする。この星にいた他のダビデ達は揃って僕に興味を示した。自分と違う顔がよほど珍しいのだろう。僕は顔を赤くしながらスタスタと歩いてゆく。
僕と一緒に来てくれたダビデの一団は先にバス乗り場に行って僕を手招きしていた。荷物が少ないので人にぶつかることもなくそこへ辿り着いた。

ダビデ星は不思議な星だった。空は暗く永遠の夜。街灯が太陽代わりだ。
陸は赤茶の砂。木々は枯れて水も見当たらない。メロンパンのような形の家々が建ち並んでいる。

僕たちはゾロゾロと歩いていたけれどヨシコとミツコはいつの間にか帰ってしまったらしい。親近感が湧いていただけに少し寂しかった。前に食べさせて貰ったゼリーを食べようということになって食堂へ向かう。僕を含め4人で行動していた。席に着くとウェイトレスのダビデがメニューを置いてくれた。
「◯◯は何にしたい」名札にジェットと書いた少し大人しめのダビデが僕に聞く。ジェットは英語が堪能で日本語よりもそちらで話すことが多いらしい。だから発音が映画に出てくる日本語を話す外人のように拙い。優しく低い声だった。
「チャーハンみたいなものはありますか」ダビデ星でどんな食事があるのか知らない僕は恐る恐る聞いた。
「あぁ。あるよ。それはこの星でも凄く人気なんだ」ジェットはニコリと笑った。

旅の途中ポーカーで遊んだボブとサムの二人はブルーベリーパイのような味のゼリーを食べていた。そしてチャイの炭酸入りのような飲み物をジュルジュルと吸って溜息をつきながら満足そうに腹を撫でた。僕らはダビデ星の話と地球の話を交互にしていた。周りにいたダビデ達は僕たちの話に興味を持っていた。
「この星には海がないんだ。地球との一番の違いはそこだね。そして君がこうして息を吸ったり吐いたり出来るのは機械のおかげなんだ。このゼリーの中には小さな小さな機械が組み込まれていて消化すると有害な空気を吸っても綺麗にしてくれるんだよ。本来この星は人間が住めるような星ではないんだ」ボブが食後の休憩中に話した。それを良く考えてみると不思議に思った。何故このダビデ達はこの星に生まれたのだろう。まず人間の作った石像から型を取って生まれた彼らがこの星でどうやって繁栄したのだろうか。
もしかしたら人間の形がこの星でブームなだけで元の形は隠されているだけなのかもしれない。

イギリス人のような綺麗な鼻や目や髪の毛を持って生まれてきていれば。と強く思った。僕は平凡な日本人だ。だからこのダビデ星で浮いてしまうし美しい顔だらけの中にいると劣等感に押し潰されそうだ。
少しホームシックになりかけの僕はダビデ達に連れられてダビデ星の映画を見た。それは凄く不思議な話だった。同じ顔の登場人物達があらゆる困難に立ち向かうのだ。ラストの敵は巨大なダビデで身体は蛸の形だった。8本の足は6両編成の電車くらいの大きさでバームクーヘン型のビルを壊しまくる。圧巻はウルトラマンのようにでっかくなった主人公と敵のツーショット。しかし普通なら燃えるシーンも同じ顔で身体の形だけが違うとなると倒した時のカタルシスが全くないのだ。だからダビデ蛸が死体となってぐったりとした時に主人公が自分自身の内面の怪物と戦っていたような錯覚を覚えて虚無感が襲ってきた。それがこの映画の狙いであったなら凄いと思う。DVDに焼いて地球へ持って帰りたいくらいだ。とりあえず鑑賞後に思い返すと良い映画だと思えるような内容だった。

ダビデ達は何故僕をここに連れて来たのだろう。映画館から出てバスに乗り込むと灯りの少ない郊外へ向かった。そして辿り着いた場所は大きな何かの工場だった。ガゴンガゴンと轟音が鳴り響いている。
持ち物チェックをして防護服を着て消毒を終えてやっと中に入れた。その中には色々な生物がいた。しかし地球に住む生物ではない不思議なモンスター達だ。毛むくじゃらの玉のようなものや足が全身にびっしり付いたようなものが檻の中で様々な声をあげていた。それはまさしくグロテスクな形ばかりで吐き気を催してしまった。ダビデ達は気を使って僕を足早に事務室へと連れて行った。事務室の中ではダビデ達が働いていた。俳優ダビデのポスターなんかも貼ってあった。その奥の来賓用の部屋に通される。その中には誰もいなかった。

「君がここに招待された理由を聞きたいだろう」ジェットが少し低く僕に聞いた。部屋の端から端までの大きさがあるソファーにすわりながらダビデ達3人は僕を見つめている。僕は反対側にある端から端までのソファーに一人で座っている。
「はい。旅行というわけではなさそうですね」僕の声は小さく響く。ダビデ達は少し考えているようだった。