うたもち現代詩

詩を書き連ねる場所

2018-08-10から1日間の記事一覧

No.225 鳥

荒野に咲く一輪の花もいつか枯れる 彼はそう言って 昔の女を忘れた 海原に浮かぶビンもいつか誰かが拾う 彼はそう言って 新しい女を探した 虚しい日々 彼は気付いていたのに 考えを変えることもなく 忘れ続け 探し続けることだけを 生き甲斐にして 死に損な…

No.224 主人公

口笛を吹いている 彼はまた笑っている 両手を広げている 大して意味も無いのに 動き出した読み手の 息遣いに合わせても ページをめくってみても 彼は同じ場所にいる 口笛を吹きながら 彼はまた笑っている 真似が出来ない芸当 ずっと目を見開きながら 生まれ…