うたもち詩文庫

詩を書き溜める場所

2017-08-18から1日間の記事一覧

No.112 性の船

涙も出ないほど悲しい性 夢も見れない苦しい性 妄想の中の抑え切れない性 やがて沈みゆく船のような性 どれも同じ人物の中で同じように収まる性 コップから溢れそうな水の上を悲しさや苦しさを抑え切れない船に乗る 性はまとわりつく衣のようで汗を吸わない…

No.111 短い散歩

気取った花が語りかける「そんな顔をしてどこへ行く?」寝不足で白い顔の僕は答える「君のいないところに行くさ」 湿ったアスファルトが濃い灰色で不貞腐れている水溜りは鏡のように雲を映し僕の不機嫌な靴を描いている 切符を買っても宛先知らず電車に乗っ…

No.110 落書

ガラスの中の観葉植物が土に反抗する時は鳴り止まない電話を切るように眠れば良い 蛍の光が届かない夜になったらペットボトルの中に水を入れて猫を避ければ良い 方位磁針の気まぐれを聞き過ぎて飽きたらオイルの切れたライターを擦り続ければ良い 灰になった…