読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うたもち現代詩

詩を書き連ねる場所。

No.72 石になったガム

 

吐き捨てたガムが
コンクリートに張り付いて石になる
それを見ながら彼は
人を待つことに飽き始めている

 

吹き荒ぶからビルは傾いて見え
傾いているから彼は落ち着く
ポケットにしまったライターを取り出し
煙草に火をつけると涙をこぼす

 

さあ うちに帰ろうか
あてもなく彷徨い歩く日々を終わらせて
彼の家は此処から遠く
電車は一時間に二本しかないけれど

 

煙草を灰皿に落として
水に浸かる音を聞く そして彼は思う
(これが夢ならどれだけ救われるか)
退屈で窮屈な人生のつまらない仮定

 

やっと来た電車の中はからっぽで
しばらくは貸し切りで揺られる
徐々に人が多くなると擦れる雑音で
熱を帯びた脳がストレスを抱く

 

さっき見つめていた
石になったガムが羨ましい
誰もいない静かな場所で
じっとしているだけで良いのだから

 

 

No.71 詩人の詩

 

朝早くに小鳥のさえずりが聞こえて
冷えた部屋の床に足をつける
ありふれた日常とありふれた寝不足で
ふらついた思考は時間の波間を漂う

 

おかえりとただいまを同時に言えたなら
僕はこの部屋から出なくて済むのに
電気を付けて寝癖を直しながら
自分の中で何かを殺さなければならない

 

詩人たちは今日も空回りしている
街は穏やかに彼らを包み込む
詩人たちの憂鬱を吸い込んだ空は
今にも壊れそうに青く佇む

 

僕は思ってもいないことを
他人に話さなければならない
いつか帰るべき場所を探して
本心を隠し通さなければならない

 

それに疲れたら一瞬でも忘れて
詩を書いてみるよ それが詩と呼べなくても
誰かに必要とされたいと思っても
詩は書いた途端に僕のものじゃなくなるけれど

 

疑うことや怒ることをやめずにいよう
僕は彼らに追いつけないかも知れないけれど
好きなことを絶えずに続けていれば
いつか小さなものでも遺せると信じて

 

詩人たちは苦しまなければならない
苦しみを詩にしなければならない
そう自分を追い込んで行くと
どこかに消え果てたくなってしまう

 

だから僕は今日も誰かの皮を被って
異星人と話すように誰かと話すだろう
その皮が剥がれ落ちたその時に
僕を理解出来る人は僕の詩を読むだろう

 

 

No.70 自由で不自由なあなたと

 

苦しむなら自由に苦しみたいものだ
縛り付けられた考えに悶えるだけの日々だ
縋り付くもの全てが熱い鉄のようで
焼けただれた手のひらが鬱陶しい

 

悲しむならあなたを巻き込みたいものだ
縛り付けて考えを押し付けるだけの日々だ
縋り付いてくればもう二度と離さない
一つになった手のひらが神々しい

 

暗がりで怯えて 強がりで構えて
それでも明日が一番怖くて 昨日が一番辛くて
今日の日こそ好きになれそうだけれど
あなたがいないせいで結局は骨折り損だ

 

楽しめるなら不自由に楽しんでも良い
縛り付けられて部屋に籠るのも良い
縋り付くものなど振り払えば良い
焼けただれた手のひらは冷やせば良い

 

 

No.69 流れ着く先

 

触れたら溶け出す 氷のように
かけがえのないものが 液体に変わる
狂い出した時計の針を止めて
雁字搦めの鎖を解いて (今すぐ)

 

車の中のスノードームが転がって
ブレーキの下に挟まった
止まれなくなった車は壁にぶつかり
フロントガラスにはひびが入った

 

何故か無傷な身体を擦って
静電気を発生させながら夜中を見上げる
月はとても綺麗に微笑んでいるから
ずっとここに居たいと思った

 

パトカーと救急車のサイレンが聞こえる
心配そうな野次馬たちがこちらを見る
はめていた腕時計を見てみると
昨日見た時と全く同じ時間を示している

 

溶け出したらあとは流れてゆく
失ったものはもう取り戻せずに
狂うのをやめた時計の針を回し
明日起きたであろう時間に合わせる

 

 

No.68 夢の住人

 

遠い昔 夢を見ていた
少年は 今はもういない
悲しいけれど 事実を歌う
私はきっと 夢の住人

 

遠い景色 眺めていても
少女には 何も見えなくて
寂しいけれど 事実を歌う
あなたはきっと 夢の住人

 

少年と 少女には
私たちは もう見えなくて
切ないけれど 事実を歌う
やがて消える 夢の住人

 

頭の中だけ 世界が広がる
行方知れずなら とりとめもない
貧しいけれど 幸福歌う
静かに踊る 夢の住人

 

 

No.67 追憶の手紙

 

雨の音がする
雨の中傘を差して行き交う
人々の足音が聞こえる
目を閉じて
彼女のことをまぶたの裏に映す

 

彼女はとても綺麗だった
何もかも完璧なほど
油断も隙もない女だった
そんな彼女を
失うことは何よりも辛かった

 

蘇る
映画のワンシーン
愛する者を守るため
死んでいった
男の最期の顔

 

私は
老人になるまでこの男に憧れた
そして今ペンを取り
薄汚い文字で
彼女に宛てた手紙を書いている

 

〝美しい君よ
永遠にその心で
誰にも怯えること無く
永遠にその魂で
生き続けよ
私の心は
いつも君のそばにある
この荒んだ人生に
光を与えてくれた
何よりも大切な
何よりも純粋な
愛をくれた
ありがとう
美しい君よ
永遠にその瞳で
私を見つめ返しておくれ___〟

 

彼女はもういない
どこを探しても見つからない
しかし彼女は
引き出しの中に 戸棚の上に
窓辺に 机に並んだ二つの椅子に

 

いつも
映し出せる

 

いつも
蘇る

 

悲しいことに
重要なことを何も話せなかった
何十年も前の記憶が
蘇る
そして

 

私はまたペンを取る

 

〝美しい君よ
愛する君よ
私の心はもう
冷たい牢獄から

二度と出られないだろう____〟

No.66 飴玉


眠ったままに煙草を吸う男が寝返った
布団に火がつき瞬く間に燃え上がった
そして男は目覚めること無く焼死した
そんなホラ話で笑いながら酒を飲んだ

 

家に帰ると灰皿を準備して煙草に火を
つけようとして布団の上に座りながら
日々の憂鬱をめくるめく思い返し始め
ライターを投げ灰皿をどかし横になる

 

彼はその憂鬱の一粒一粒をこねて丸め
飴玉のように舐めてその味を堪能した
彼の頭の中を切り出して吸い出したら
濃厚などす黒い液体が溢れ出すだろう

 

ソファーに身体を預けその重みで沈む
彼は投げたライターを拾って火をつけ
ぼやける蛍光灯を眺めて煙草をくわえ
飴玉を吐き捨てるように煙を生み出す

 

彼は燻製になるほどに煙草を吸い続け
頬を伝う涙の意味を確かめて沈みゆく
悲しみは心の奥の箱に入れて鍵をかけ
苦しみは心の表面に塗りたくってゆく